特定健診・がん検診

特定健康診査のご案内(国保・後期高齢者の方)

2017年10月31日まで

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき「特定健康診査」が実施されています。

実施期間
2017年4月15日〜2017年10月31日まで
対象となる方
満40歳以上の刈谷市国民健康保険被保険者および市内の後期高齢者
(昭和52年4月1日生まれ以前の刈谷市民)
料  金
無 料
検査時の注意事項
  • 市から送付された、「特定健康診査受診票」に電話番号、問診事項を記入して、来院してください。予約は不要です。
  • 正確な結果を出すため、なるべく10時間以上食事はとらないようにしてください。
  • 尿検査がありますのでご留意ください。また生理中はお避けください。
  • 水分の摂取はかまいません。糖尿病薬を除いて、服薬もかまいません。
  • 10月になるとかなり混み合います。お早めにどうぞ。
検査項目
  • 問診・視診・血圧測定、身体測定(身長・体重・腹囲)
  • 尿検査(尿糖、尿蛋白、尿潜血)
  • 貧血検査(白血球、赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板)
  • 肝機能検査(AST、ALT、γ-GT、アルブミン)
  • 脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪)
  • 腎機能検査(クレアチニン、尿酸)
  • 糖代謝検査(ヘモグロビンA1c)
  • 心電図検査
結果票
サンプルをご確認いただけます。
サンプルを見る

ページのトップに戻る

特定健康診査のご案内(国保・後期高齢者以外の保険の方)

2018年3月31日まで(通年)

対象となる方
満40歳以上の愛知県内の組合管掌、共済組合、国保組合、協会けんぽの被保険者
料  金
料金自己負担金が1,000円必要です。(無料の場合もあります)
検査時の注意事項
保険者から交付された「特定健診受診券」および「健康保険証」を持参してください。その他は上記と同様です。
検査項目
上記の項目と同様ですが、実施要件が厳しくなっています。
結果票
健診翌日には発行できます。
その他
刈谷市民の方はこちらの保険の被保険者でも下記の刈谷市がん検診を受けることができます。

ページのトップに戻る

刈谷市がん検診等のご案内

2018年2月28日まで

以下のがん検診等の検査も同時に実施しております。
特定検診とは異なり、すべての刈谷市民が対象です。
受診券は特定検診とは別の「冊子型」になったものが送られてきます。
過去に受診歴がないと送られてこないこともありますので希望の方は刈谷市保健センター(健康課)に依頼してください。
当院窓口からでも依頼が可能です。

実施期間
2017年4月15日〜2018年2月28日まで
検査結果
数日後には結果がわかります。都合のよいときに、結果を聞きにきてください。
検査結果によっては、さらに精密検査や治療が必要なことがあります。
連絡先
刈谷市保健センター(市民部健康課成人保健係)
〒448-0858 刈谷市若松町3丁目8番地2
TEL:0566-23-8877  FAX:0566-26-0505

胃検診

正常な胃
正常な胃

対象となる方
40歳以上の刈谷市民
料  金
自己負担金が2,000円必要です。
検査方法
バリウム服用による上部消化管X線撮影
予  約

予約が必要です。
1日あたりの人数に制限がありますので予約が必要になります。
4月15日から予約を受け付けています。電話予約も可能です。

木曜・土曜には集中して実施しています。それぞれ10人程度の検査が可能です。

検査時の注意事項
前日夜9時以降は食事を控えてください。当日朝も食事、水分は摂れません。
市から送られた「平成28年度刈谷市胃検診受診券」の裏面の「問診票」を記載し、当日持参してください。
同時に特定健康診査なども受けられると絶食が一度ですみます。
検査結果
結果はすぐにわかります。集団で行った場合は結果は後日になります。
検査結果によっては、さらに精密検査や治療が必要なことがあります。
胃検診受診券が
届かない場合

受診券が届かない場合は「刈谷市保健センター」に連絡してください。

連絡先
刈谷市保健センター(市民部健康課保健担当)
〒448-0858 刈谷市若松町3丁目8番地2
TEL:0566-23-8877  FAX:0566-26-0505

大腸がん検診

2008年度から大腸がん検診(便ヘモグロビン検査)が行われています。容器をお渡ししますので、すみやかに採便し、検体を持参してください。
※自己負担金が500円必要です。
※無料クーポン券のある方は受付にお渡しください。

肺がん検診(75歳未満の方)


拡大する

2008年度から肺がん検診が行われています。75歳未満の希望される人に胸部X線直接撮影をします。
喀痰検査もできます。肺がん検診は本年度から75歳未満にまで拡大されました。
※65歳以上の方は無料です。
※65歳未満の方は自己負担金が500円必要です。

結核健診(75歳以上の方)

2005年度から結核健診が行われています。75歳以上の希望される人に胸部X線直接撮影をします。
無料です。

前立腺がん検診

2005年度から前立腺がん検診が行われています。
特定健康診査で採血した血液の一部を用いてPSA検査をします。
※自己負担金が1,000円必要です。

肝炎ウイルス検診

2002年度から肝炎ウイルス検査が行われています。
今年度に40歳になる人(節目検診)、それ以外で、まだ一度も肝炎ウイルス検査をしていない人、肝機能異常のある人などウイルス感染の可能性のある人を対象にB型肝炎の判定のためのHBs抗原検査、C型肝炎の判定のためのHCV抗体検査(血液検査)を行います。
C型肝炎の精密検査(HCV-RNA検査)が必要となった場合は、ご連絡の上改めて採血させていただきます。(例年1~2名)

ページのトップに戻る

学校の心臓検診で
「要精密検査または要健康相談」と
いわれた場合

愛知県では小学校1年・4年、中学校1年、高等学校1年の各学年の生徒に対して「心臓検診」を行っています。
問診、心電図または血圧に異常またはその疑いがあると
「要健康相談」または「要精密検査」とされ専門医療機関への受診を勧められます。
学校医の診察で「心雑音」などの異常を指摘された場合も同様です。
当院は心臓検診の二次検査の医療機関となっております。
検査内容は、心電図の再検査と心臓超音波断層検査などを行います。

  • 予約は不要です。
  • ※高校生の場合、費用は4,000円〜5,000円必要です。
  • ※学校提出用の文書は当院指定の様式のみとしておりますので、無料で交付します。
  • ※心電図異常とされた場合は、ほとんど、「心臓の異常所見なし」の結果になります。安心してお越しください。
  • ※心雑音を指摘された場合はまれに異常が見つかることがあります。
持ち物
  • 健康保険証
  • 学校から渡された書類
  • 学校で記録された「心電図」(必ずお持ちください)
    ※その時しか異常が出現していない場合、大変重要になります。
    心電図を診断し直して問題が解決する場合もありますので、必ずご持参ください。

ページのトップに戻る